ニュース&コラム

エイトリアムメンバーへのニューズレターから抜粋のコラムやニュースなどのアーカイヴです。
「ブリティッシュで学ぶ人々」では、ブリティッシュにちょっとこだわりを持って学び続けているエイトリアメイツ(生徒の方)へのインタヴュー集から一部ご紹介しています。

TWO DECADES

吉祥寺とエイトリアムの20年

decade=10年

エイトリアムは来年2012年に20周年を迎える。吉祥寺のサンロードにあるマンションの一室を借りて一歩を歩み出したその当時、現在のロフトのあるビルには西武スポーツ、ヨドバシカメラのビルには近鉄デパートが入っていた。吉祥寺はまだ今のようにおしゃれな店の多い街ではなかった。思えばたった20年前のことなのだが、遠い昔のことのような気がする。そう思えるほどこの街はめまぐるしい変化を繰り返しているのだ。 (続きを読む…)

節電の夏の夜話

マイケルファラデー Michael Faraday

これまでポストからゴミ箱へ直行だった「電気使用料金のお知らせ」などというものにまじまじと見入ったのはこれが初めてである。15%の節電義務をいかに達成するか。こんなにも電化製品に囲まれて暮らしていながら、電気や電力について何も知らないことに気づく。今さらながらにそのありがたみをひしひしと感じている。 (続きを読む…)

「好奇心の趣くままに・・・ブリティッシュでアジアを行く」 Sさんの場合

シリーズ/ブリティッシュで学ぶ人々

一昨年の秋オーストラリアへ発ったPatriciaがいたく惚れこみ、来日の度にコンサートへ足を運んでいたマレーシアのミュージシャンがいる。Pete Teoという中華系マレーシア人で、時に痛々しさを覚える歌唱が印象的なシンガーソングライターである。 (続きを読む…)

SAKURA FRONT プロジェクト

イギリスからの便り-東日本大震災から24日目

現在ロンドンのアートカレッジ、セント・マーティンズへ留学している元生徒のAtsushi君からこんな情報が寄せられた。

東日本大震災支援のため自分たちにできることは何か?デザインやクリエイティヴの力でできることはないか、単なるポスターやインターネット上の活動とは違ったことをやりたいと、彼と同じようにロンドン留学中の日本人美大生達との会話から生まれたプロジェクト「SAKURA FRONT   Blooming Sakura For Japan」が最初の一歩を歩み出していると言う。 (続きを読む…)

KEEP CALM AND CARRY ON

平静を保ち(今やっていることを)続けよう

東日本大震災のあったその週末にはすでに多くの外国人たちが東京から、日本から脱出し始めた。フランスは自国民にいち早く国外退去を勧告、他の国々もそれに続いた。彼らが最も恐れたのは原発事故である。BBCやガーディアンと言ったニュースメディアもまた日々刻々と最悪起こりえる事態を絶望的に報道して在日外国人たちの間に緊迫感を生み出した。 (続きを読む…)